川崎市の歯科医院は「かたよせ歯科」まで

川崎市の審美歯科・矯正歯科・小児歯科はかたよせ歯科まで

トップ>診療内容

矯正歯科

審美歯科について

歯は、その人のイメージや美しさに大きな影響を与えます。
それぞれの年齢や性別に応じた美しい口元を作るのが審美歯科です。
かたよせ歯科医院では、ただ白い歯を入れて見た目を綺麗にするだけではなく、虫歯や歯周病の治療と
あわせて、美しくしっかり咬めお手入れのしやすい状態を作ることを目指しています。
そのためには、歯並びを治したり(矯正治療)、歯の色を白くしたり(ホワイトニング)、歯肉の形を整える
ための手術(歯周形成外科)を行ったりする場合もあります。


空白

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンの最大の利点は、金属を使わないことにより自然な透明感が得られることです。
セラミックは歯肉とのなじみが良く、金属アレルギーの心配もありません。 また吸水性がないため治療後の
着色、 変色がなく、金属の透過による歯肉の黒変や金属自体の露出もありません。
空白

歯周病とは

歯周病は、歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の細菌によって歯ぐきが炎症を起こし、進行すると歯を支える土台である骨(歯槽骨)が破壊されていく病気です。歯を支える周りの骨がなくなり、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。程度の差はあれ、35歳以上の80%は歯周病にかかっているといわれています。また最近では生活習慣病の1つに位置づけられています。
shi_img1.png
歯周病は、初期のうちはほとんど自覚症状がありませんが、進行してくると、歯ぐきが腫れる口臭がする
歯ぐきから血や膿が出る歯ぐきが下がって歯が長く見える歯が前に飛び出してくるグラグラする
歯が抜けてしまう、などの症状が出てきます。また、歯周病は糖尿病低体重児出産早産動脈硬化
心疾患肺炎などを引き起こし、悪化させる要因になる場合もあります。
歯周病の一番の原因は歯垢(プラーク)ですが、タバコ、糖尿病などの全身疾患、ストレスによる抵抗力の
低下、歯軋りやくいしばり、などが歯周病を悪化させる原因にもなっています。
歯周病は自覚症状が少ないため、重症になってはじめて治療を始める方がほとんどで す。
しかし、歯周病は早期発見・早期治療が大切です。
初期の段階であれば簡単な処置で良い状態が保てますが、進行すると、様々な手術や 歯牙同士を固定する
処置などが必要となり、早期に治療した場合に比べて条件も悪くな ります。
かたよせ歯科医院では「予防」「適切な診断と治療」を心掛け、患者さんひとりひとりの歯の保全に全力を
尽くしています。
空白

歯周病の分類

歯周病の進行
健康な状態 軽度歯周病 中度歯周病 重度歯周病
歯ぐきが引き締まって、きれいなピンク色をしている。 歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きなどで出血することもある。歯の周りには歯石が付着し、骨も少しずつ溶け始める。 さらに骨が溶け、歯ぐきから血や膿が出てくる。歯が浮いたようになったりグラグラしたりする。




 骨がさらに溶けて歯を支えることができなくなり、グラつきも大きくなる。膿がいつも出るようになり、いつも出るようになり、口臭も強くなる。硬いものは痛くて咬めない。
空白

歯周病の治療

歯周病は、毎日の丁寧な歯磨きや歯石除去だけで改善される軽度のものから、歯茎の
手術を行う必要のあるもの、また抜歯が必要なものまで、さまざまです。
再生療法(エムドゲイン、GTR法など)で失われた骨を再生させる場合もあります。

空白

歯周病の特徴

doyouknow.jpg
1 歯周病は細菌が原因です。
2 進行しても、自覚症状が少ないのが特徴です。
3 歯周病菌は、完全になくすことができません。
4 治療後は、定期メンテナンスをしなければ、感染力が抵抗力を上回り、再び悪くなります。
5 歯周病は慢性疾患で完全に治すことは難しいですが、コントロールすることは出来ます。

空白

歯周病にならないために

歯周病 family.JPG
ご自分に合った正しいブラッシング方法を習得し、継続しましょう。
だらだら食いや間食を控え、規則正しい食生活を身につけましょう。

dental.JPG



歯周病を予防するためには、ご自身が毎日行うホームケアがとても大切です。しかしホームケアだけでは限界があります。定期的に検診を受け、専門家によるプロフェッショナルケアを受けましょう。
空白

ポーセレンラミネートベニア

(前歯のつめもの変色、前歯の形態、隙間の改善に効果的です)

歯の表面を一層(0.5mm~0.7mm)削って、つけ爪のようにセラミックのシェルを貼り付ける方法です。
現在の接着技術の進歩によって可能になりました。最大のメリットとしては歯を削る量が最小限で色の改善を行うことができます。最近ではこれに加え形態の改善でもラミネートベニアの頻度が増えてきています。
空白

セラモメタルクラウン

メタルフレームの上にセラミックを焼き付けたものです。
見た目の美しさ・強度ともに信頼のおける逸品です。長年にわたり愛用されている代表的な白い歯の製品です。メタルボンドは最も長い間、審美治療で用いられてきた方法です。セラミックに強度を増すために金属で裏打ちしてあるので自然な透明度があり変色もありません。金属の裏打ちがあるため強度的にも優れています。
空白

ハイブリッドインレー

(奥歯に小さい金属が入っており笑ったときの金属が気になる方に最適です。)

保険治療で使用されているコンポジットレジンとセラミックの中間的材料です。
近年開発された素材です。ハイブリッドという言葉の通り、レジンとセラミックの中間的材料です。天然歯とほぼ同等の硬さであるため歯にとってやさしい材料です。
空白

ホワイトニング

(天然歯の変色を改善したい方に有効です。歯の性質により効果の現れ方に個人差はあります。
後戻りといわれる再着色の程度やスピードも個人差があります。かぶせ物の歯には効果はありません)

当院ではホームホワイトニングを行っております。 歯にぴったり合った専用のトレーを作製し、自宅で薬剤を
トレーに入れ装着していただきます。 ホームホワイトニングに用いられる薬剤は過酸化尿素です。
過酸化尿素は分解されて尿素と過酸化水素を生成し、その中の過酸化水素が着色を改善する働きをします。
空白

目次

空白

インプラント治療とは

失われた歯の代わりになる人工的な歯根(インプラント)を歯ぐきの骨の中に埋め込み、 その上に自然の歯に近い人工の歯を入れる治療法をいいます。 これによって自然に近い、より美しい歯を取り戻し、おいしく食べることができます。

 メリットデメリット
インプラント・失われた歯が多くても、咀嚼能力を回復できる
・他の健康な歯を犠牲にしない
・長期間にわたるかみ合わせの安定を得られる
・歯を失った部分の顎の骨を守る事が出来る
・アフターケアにより十分長持ちする
・治療期間が長くかかる
・治療の適用が限られる
・比較的費用がかかる
入れ歯・自分で取りはずしできるのでケアが容易である
・短期間で機能回復が期待できる
・食事のたびに取り外して清掃する必要がある
・入れ歯を支える骨や歯の喪失の危険性
・入れ歯装着による違和感、発音しにくさが生じやすい
・バネのかかる歯の負担は比較的大きい
・美しく自然な外観を損なう場合がある
・長期間にわたる安定したかみ合わせを維持出来ない場合がある
・数年ごとにつくりかえなどの調整が必要
ブリッジ・美しく自然な外観を回復できる場合がある
・自然に近いかみ合わせの回復
・ほぼ十分な咀嚼機能の回復
・健康な歯を削らなければならない場合がある
・土台とする歯に過度の負担がかかる
・新たに歯を失う危険性がある
・清掃がやや難しく歯ブラシ以外の補助器具も必要
・健康な歯が両側にないと適用外となる

maeba1.png
              従来の治療法(ブリッジ)
●両側の健康な歯を削る必要があります。


                        インプラント治療
●健康な歯を削ることなく、天然の歯と
  区別がつかない歯並びを再現できます。

okulost.png
          従来の治療法(部分入れ歯)
●金属の止め具などに違和感を感じ、
見た目もよくありません。


                    インプラント治療
●止め具などを使わないため、口の中に
違和感を感じません。しっかり安定されている
もので、かたいものを食べても安心です。

alllost.png
              従来の治療法(総入れ歯)
●ガタつきがあると安心して食事ができ
ません。
●入れ歯がズレたり、食べ物が内側に
入って痛くなることがあります。

                        インプラント治療
●自分の歯のようなしっかりした噛みごこち
で、安心して食事ができます。
入れ歯のように外れる心配もありません。


souba.png
               従来の治療法
(入れ歯の安定剤・入れ歯の作り直し)

●入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの
不安があります。
※総入れ歯の場合、あご骨がやせて入れ
歯が合わなくなることがあります。
                        インプラント治療
●入れ歯の支えにインプラントを使うことで、
入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、
口元に安心感が持てます。


空白

インプラント治療のながれ

1.一次手術 nagare1.gif
まず始めにインプラントを顎の骨に植えるために歯茎を切開し、インプラントと同じ大きさの穴を顎の骨に形成します。
2.一次手術(インプラント埋入) nagare2.gif
骨の穴にインプラントを差し込み、しっかり固定します。そして開いた歯茎を閉じます。
3.インプラントと骨の結合を待つ nagare3.gif
インプラントに力が掛からないようにして治癒を待ちます。そうすることにより数カ月で骨にチタンがしっかり固定されます。この期間、仮の歯を使用していただくこともあります。
4.二次手術 nagare4.gif
インプラントが完全に固定されたら、人工歯を取り付ける為に歯茎を切開し、インプラントに部品を連結し歯茎から露出させます。それから歯茎を整えます。この状態で、歯茎がなおるまで1~6週間おきます。
5.仮の歯の装着 nagare5.gif
歯型をとり、仮歯を作製・固定します。その仮歯でかみ合わせを調整し、歯茎の完全治癒を待ちます。
6.歯・上部構造の装着完成 nagare6.gif
天然の歯と調和した人工歯をつくります。形や色などは、患者様に合わせて作製し、インプラントに装着します。これでインプラント治療は終了です。
imp07.jpg nagare7.jpg
定期的に口腔内清掃、インプラント周囲及び天然歯周囲のPMTC(歯科衛生士によるクリーニング)、かみ合わせのチェック・調整を行います。
空白

インプラント治療の注意点

高血圧、糖尿病など全身疾患のある方はできない場合があります。
ただし内科的にコントロールされた方はインプラント可能です。

喫煙者は手術のリスクが高いため、禁煙をお勧めいたします。
パノラマX線、CT検査の結果顎の骨が極度に不足しているときは、インプラントできない場合があります。
しかし、骨移植等も含めて、いくつかの有効な骨造成法がありますので、専門医による正確な診断が必要です。
インプラントの手術は原則的に局所麻酔で行い、1~2時間かかります。
骨がインプラントに結合するのに通常3~6ヶ月かかりますので、冠やブリッジが入るのは手術して5~8カ月後になります。
前歯など歯肉の形を整える必要がある場合は、治療期間がもっと長くなることがあります。
正確な診断、処置、定期検診と患者さん自身のお手入れによって、十分に長持ちさせることができます。
95%以上の方が10年経過後も快適なインプラント歯を保持しています。
インプラント治療は保険外治療です。
空白

診療項目

空白