川崎市の歯科医院は「かたよせ歯科」まで

川崎市の審美歯科・矯正歯科・小児歯科はかたよせ歯科まで

トップ>診療内容

歯周病

歯周病とは

歯周病は、歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の細菌によって歯ぐきが炎症を起こし、進行すると歯を支える土台である骨(歯槽骨)が破壊されていく病気です。歯を支える周りの骨がなくなり、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。程度の差はあれ、35歳以上の80%は歯周病にかかっているといわれています。また最近では生活習慣病の1つに位置づけられています。
shi_img1.png
歯周病は、初期のうちはほとんど自覚症状がありませんが、進行してくると、歯ぐきが腫れる口臭がする
歯ぐきから血や膿が出る歯ぐきが下がって歯が長く見える歯が前に飛び出してくるグラグラする
歯が抜けてしまう、などの症状が出てきます。また、歯周病は糖尿病低体重児出産早産動脈硬化
心疾患肺炎などを引き起こし、悪化させる要因になる場合もあります。
歯周病の一番の原因は歯垢(プラーク)ですが、タバコ、糖尿病などの全身疾患、ストレスによる抵抗力の
低下、歯軋りやくいしばり、などが歯周病を悪化させる原因にもなっています。
歯周病は自覚症状が少ないため、重症になってはじめて治療を始める方がほとんどで す。
しかし、歯周病は早期発見・早期治療が大切です。
初期の段階であれば簡単な処置で良い状態が保てますが、進行すると、様々な手術や 歯牙同士を固定する
処置などが必要となり、早期に治療した場合に比べて条件も悪くな ります。
かたよせ歯科医院では「予防」「適切な診断と治療」を心掛け、患者さんひとりひとりの歯の保全に全力を
尽くしています。
空白

歯周病の分類

歯周病の進行
健康な状態 軽度歯周病 中度歯周病 重度歯周病
歯ぐきが引き締まって、きれいなピンク色をしている。 歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きなどで出血することもある。歯の周りには歯石が付着し、骨も少しずつ溶け始める。 さらに骨が溶け、歯ぐきから血や膿が出てくる。歯が浮いたようになったりグラグラしたりする。




 骨がさらに溶けて歯を支えることができなくなり、グラつきも大きくなる。膿がいつも出るようになり、いつも出るようになり、口臭も強くなる。硬いものは痛くて咬めない。
空白

歯周病の治療

歯周病は、毎日の丁寧な歯磨きや歯石除去だけで改善される軽度のものから、歯茎の
手術を行う必要のあるもの、また抜歯が必要なものまで、さまざまです。
再生療法(エムドゲイン、GTR法など)で失われた骨を再生させる場合もあります。

空白

歯周病の特徴

doyouknow.jpg
1 歯周病は細菌が原因です。
2 進行しても、自覚症状が少ないのが特徴です。
3 歯周病菌は、完全になくすことができません。
4 治療後は、定期メンテナンスをしなければ、感染力が抵抗力を上回り、再び悪くなります。
5 歯周病は慢性疾患で完全に治すことは難しいですが、コントロールすることは出来ます。

空白

歯周病にならないために

歯周病 family.JPG
ご自分に合った正しいブラッシング方法を習得し、継続しましょう。
だらだら食いや間食を控え、規則正しい食生活を身につけましょう。

dental.JPG



歯周病を予防するためには、ご自身が毎日行うホームケアがとても大切です。しかしホームケアだけでは限界があります。定期的に検診を受け、専門家によるプロフェッショナルケアを受けましょう。
空白