川崎市の歯科医院は「かたよせ歯科」まで

川崎市の審美歯科・矯正歯科・小児歯科はかたよせ歯科まで

トップ>Q&A

一般歯科 Q&A

むし歯にならないためには、どうしたら良いのでしょう?

むし歯は、歯の表面についたプラーク(歯垢)中の細菌が、糖質を分解して酸を作り、
それによって歯が溶かされて起こります。
ですから、むし歯にならないためには、食後すぐに正しいブラッシングをする、 飲食回数(甘い飲み物なども含む)を減らす、甘いものをとり過ぎない、フッ素で歯の質を強くする、PMTCや定期健診を受ける、シーラント、フッ素塗布のような予防処置をする、などが考えられます。
人それぞれ、お口の中の環境や食生活を含めたライフスタイルが違うため、その方に必要な予防法にも違いがあります。
詳しくは、歯科衛生士または歯科医師にご相談ください。
空白
空白

むし歯といわれましたが、全く痛みがありません。ほんとに治療は必要なのでしょうか?

むし歯ができていても初期は痛みを感じません。また、神経を抜いた歯は、
むし歯が進行しても痛みを感じることはありません。
痛みを感じないからといってむし歯を放置すると、その部分に汚れがたまりさらに進行していきます。
ごく初期のむし歯あれば、きちんと歯磨きがをすることでむし歯の進行を止められる場合もありますので、歯科医師とよく相談をしてください。
空白
空白

歯ブラシはどんなものがいいのでしょうか?

好みもありますが、小さめで毛がやや柔らかめのものが使いやすいと思います。
重要なのはきちんと歯ブラシの毛先を磨きたい場所にしっかり当てることです。
電動歯ブラシでも普通の歯ブラシでも、きちんと毛先が当たっていれば汚れは落とせます。
また、歯ブラシだけで磨けないような歯と歯の間などは、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的な道具が必要です。
高齢や病気などで歯ブラシを上手に動かせない場合には、電動歯ブラシは効果的な道具だと思います。
空白
空白

保険診療と保険外診療、何が違うのですか?

保険診療と保険外診療では、かぶせ物を作る技工士も異なりますし、
技工士のかける手間、時間もまったく異なります。
お口の中は細菌が多く存在しており、温度変化や咬みあわせから来る強いストレスや食物の酸など常にさらされています。そのため、咬みあわせや適合性、審美性を考慮し、最適な材料を使用し、様々なことに気を配り手間と時間をかけて治療すること必要です。
保険診療と保険外診療では、かぶせ物を作る技工士も異なりますし、技工士のかける手間、時間もまったく異なります。
しかし保険診療は、健康保険で決められた材料や手順で治療を進めなければなりませんので、理想的と思われる治療方法が出来ない場合が多いのです。
また、セラミックを使ったかぶせ物、ホワイトニング、矯正、インプラント治療、歯周再生療法(保険外の材料を用いる場合)などは、保険外診療となります。
空白
空白

今、妊娠していますが歯科治療は受けられますか?

治療は受けられますが妊婦さんが、出来れば安定期(妊娠中期)に入ってから治療を
受けることをお奨めします。
歯のレントゲン撮影は、胎児に影響はないと考えられていますので、レントゲンがないと診断治療が出来ない場合は必要に応じて撮影させていただきます。(鉛入りのエプロンは必ず着用していただいております)
歯の麻酔も妊娠の状態が安定していれば問題ないといわれておりますが、ご本人が気になさる場合は麻酔なしで出来る範囲で応急処置を行い、出産後に再治療をする場合もあります。
空白
空白

妊娠していても麻酔や薬は使いますか?

場合よっては使用します。
妊婦さんの状態や歯の状態によって、必要ない場合は使用しませんが、治療に必要であればなるべく安全といわれているものを選んで使用します。
空白
空白