川崎市の歯科医院は「かたよせ歯科」まで

川崎市の審美歯科・矯正歯科・小児歯科はかたよせ歯科まで

トップ>Q&A

歯周病 Q&A

歯周病といわれましたが、治療をしないとどうなるのでしょうか?

歯周病は、かなり状態が悪くなるまではほとんど痛みがなく進行します。
放置すると歯を支える骨がどんどん溶けて、最後には歯を失うことになってしまいます。
また歯周病が原因で糖尿病が悪化したり、肺炎、脳梗塞、心臓疾患などを引き起こすこともあります。
自覚症状がなくても、きちんと治療をし、その後も定期的にメインテナンスを受けることをお勧めいたします。
空白
空白

なぜ歯周病で歯が抜けるの?

歯周病は、もともと患者さんの口の中にいる常在菌と呼ばれる細菌の感染症です。
この細菌は、嫌気状態(空気に触れない状態)を好むため、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットと呼ばれる溝の中や、歯並びが悪い歯の間、そしてかぶせ物の隙間などで繁殖します。
繁殖した細菌はLPS(リポ多糖)という毒素を出します。
そして、歯を支えている結合組織や骨を破壊していきます。組織が破壊されて、ポケットはさらに深くなり、
より空気に触れない環境の中で、さらに細菌は増殖し、さらにポケットは深くなり・・・という悪循環を繰り返し、
最後に歯が抜けてしまうのです。
空白
空白

歯周病ってどんな治療をするの?

歯周病は、歯と歯肉の隙間からバイ菌が侵入して発症します。
進行すると、歯を支えている土台の骨の部分が侵され消失してしまうので、詰め物で治せるむし歯の治療とは、治療の仕方が全然違うものです。
実際には、失われた歯肉、歯槽骨(骨の周りの骨)を再生させつつ治す方向(歯周外科・GTR・インプラント)と、治った後の再発を防止する方向(歯のクリーニング、PTC、PMTC)から治療を行っています。
空白
空白

歯周病の治療にはどのくらいの期間がかかりますか?

その人の歯周病の状態や、生活習慣など様々な要因で違ってきます。
初期の歯肉炎の状態であれば短期間で終了することが多いですが、中等度以上になると長期(数ヶ月~場合によっては1年以上)になることが多くなります。
空白
空白